×

頚椎ヘルニアからくる手の痺れには処方薬のリリカが効きました

自分は頚椎の5番目と6番目の右側にヘルニアがあります。

症状が辛い時は首の凝りと右肩甲骨の痛みと、右の二の腕の重だるさと共に右手の中指に向かって鋭い刺されたような、電気が通ったような痛みが出てきます。

手に力が入らず、ペンもまともに持てず、仕事も出来なくなり、家庭のこともままならなくなり、寝たきりに近い状態になってしまいました。

最初に整形外科に行った時にロキソニンを処方されたのですが全く効きませんでした。後に撮ったMRIでヘルニアが見つかり処方されたのがこのリリカでした。

リリカは神経から出てくる痛みの信号を抑え、痛みをやわらげる効果があります。

でも、強い薬なだけに副作用も吐き気や眠気、ふらつき等…半端ないため、最初はごく少量からはじまり数週間かけて少しずつ内服量を増やしていきました。

このリリカの内服がはじまってから、少しずつですが電気が走ったような辛い痛みが和らいでいき、手もまともに動かせるようになりました。

痺れ自体はまだ、どうしても最後まで続いてしまうようですが、痛み自体が和らいでしまえば乗り越えられそうです。

頚椎ヘルニアとしてリリカの他にもトラマドールも内服していますが、相乗効果としてよく効いていると思います。

最初のMRIから1年半、ヘルニアは少し自然吸収されたようです。薬でコントロールできて痛みがもっと落ち着けば今後社会復帰も考えて行きたいと思っております。

こちらもおすすめ>>>>>あんしん通販薬局 ホームページ